「TinyMCE」ボタンの作成中

TinyMCEボタン ポップアップ
TinyMCEボタン ポップアップ

最近プラグイン「WP Theme ShapeShifter Extensions」で、TinyMCEのビジュアルエディタにボタンを1つ追加しようとしています。

ポップアップさせると右のスクリーンのようになって、アイテムをクリックすると、更に設定メニューがポップアップするようにしようと思っているんですが、数カラムの行を使用する際のビジュアルエディターとHTMLエディターの変換方式で悩んでいます。

単純にクラスを与えて管理するだけでいいのか、それともショートコードを使って、設定値を管理すれば良いのか。

ビジュアルエディタだとカラム毎にTinyMCEエディタをポップアップさせれば良いと思っているんですが、何しろJavaScriptに慣れておらず、Backboneとかの練習しながら書いているもんですから、思うように作業が進展しませんです、はい。

まぁ来週までにはどうにかしてカラム数を追加できるようにして、プラグインを更新できればとは思っています。

ただ、収穫もありました。メタボックスのオプショナルアウトプットに関してなんですが、以前フォーム送信の個数が制限されていたということから、JSON形式にして1つにまとめてしまえば、上手くフォーム送信できるんじゃないかと期待しています。ええ、まだアイディア段階で試していないんですけど、カラム追加が出来るようなボタン設定が完了したら、そっちも手を回そうと思っています。

あと、今プレビューを見て気付いたんですが、記事一覧ウィジェットの日付が現在の日付になっていますね。次のアップデートで修正致します。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください