テーマ「ShapeShifter」1.0.39と専用プラグイン1.0.23の更新情報

今回はフォントを中心に更新しました。

ええ、テーマカスタマイザーで使えるようにしたこともあります。

また、何故今までしなかったのか、「専用のプラグインなんだから」と思い出して、テーマの更新チェッカーを実装しました。これでいちいちこのサイトに最新版のテーマをダウンロードして、面倒なテーマの更新処理をする必要もなくなります。

プラグインを更新すれば、自動的にテーマ「ShapeShifter」のアップデートチェックが行われるようになりますので、テーマがリポジトリを利用できるまではこれで行くことにします。

 

  • Table of Contents

テーマ

テーマ側の更新に関しては以下の通りです。

  1. フォントの追加 ( 1.0.38 )
  2. コンテンツ内のPタグのスタイル修正( 1.0.39 )

実はコンテンツ内のPタグもテーマカスタマイザーを使えるようにしたのですが、出力するスタイルもループで同様に出力してしまい、「clear:both」が適応されてしまったために、画像の左右に向けた画像などが不自然に挿入されていましたので、修正しました。

フォントに関しては、一応標準的に使えそうなリストを見ながら、コピペしただけなのですが、バリエーションは大きく増えたと思います。

 

プラグイン

プラグインの更新に関しては以下の通りです。

  1. Google Fonts ( 1.0.22 )
  2. Google FontsのAPIキー修正( 1.0.23 )
  3. テーマの自動更新チェッカーの実装

「外観」->「カスタムフォント」ページにて、GoogleのAPIキー(ブラウザキー)を入力することで、Google Fontsが利用できるようになりました。

1.0.22ではうっかり間違えてサーバーキーを使うコーディング(PHP側)で書いてしまっていましたので、1.0.23でブラウザキーを使うコーディング(JavaScript)で利用できるように修正しています。まぁどっちでも良いと思うんですが、IPアドレスを指定するサーバーキーより、URLを指定するだけのブラウザキーの方が設定が楽だろという理由で変更しただけの話です。

また、アップデートチェッカーを導入しました。ええ、「プラグインに実装すれば問題ないじゃないか」ということを完全に忘れていました。もっと早くこうすればよかったです。

ただ、テーマ「ShapeShifter」は一応リポジトリ利用を目指しているので、利用できるようになったらアップデートチェッカーは不要になり、最終的には取り除く予定です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください